FC2ブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【再びキャンセル】 2008年 12月 01日 (月)

俺はまだ当分、日本にいるみたいです。

2日の便もキャンセルになりました。
ウタパオ空港が発着でかなり混雑しているのと、
ウタパオ空港への着便の本数が全部で4便しかないというのも重なり
シンガポール航空の便はなくなりました。
またキャンセル。そして取り直し。
ネコバス出すよ!って嬉々と言ってくれた直也君、ゆーちゃん
そして自分のことのように喜んでくれた人が沢山いるのに、またキャンセルだ。

次の出発予定は4日の成田からウタパオ空港の直行便。
もう期待したくもないし、信じられない。
まだ確定なわけではない。飛ばない可能性だってあるんだ。
期待するだけ、駄目だった時すごく辛い。
この数日で何度も何度も味わった苦しみ。もう味わいたくない。
それでも日程を告げられると、次こそはと期待してしまう自分がいる。
当たり前だ。
もう何日、首を長くして待ってると思ってるんだ。
一日一日が、うざったいくらい長くて
死のうって突発的に行動に走ろうとする体を必死になって抑えつけて。
手術に向かった人達には頑張れって励ましを送って。
たとえ家の中でも人の前では笑顔を絶やさないように努めて。
自分一人が沈んでいたら、周りだって気まずいし空気悪くなるだろ。
みんなが俺のことに気を遣ってくれて、励ましてくれてんだ。
そんなのわかってるから、こうやってみんなの前だけでも無理にでも笑おうって努めてんだよ。
これでも俺なりに精一杯頑張ってるん。
それが、どれだけ辛くて苦しいことなのかわかってんのかよ。

そうやって俺が真綿で首を絞められながら日本で待ってる最中、
俺より後の予定だった人は次々とタイへ行き手術を済ましてこようとしている。
俺だけぽつーんと日本に取り残されている。
どこに行くこともできず、何をやることもできず、ただただ取り残されている。

まだ先の見えない何日を苦しんで苦しんで手術を待つより、
もうしんだ方が手っ取り早いんじゃね?

そう思ってしまうのは、おかしいことなんですかね。
何年も待ち望んでいた手術。
わき目もふれず、学校も何も捨てて、この1年で手術のためだけに必死になって貯金してきた。
11月27日の手術という目標があったから、俺は生き繋ぐことができた。
俺にとって今この思考になってしまうのは、どうしようも止められないことなんだよ。
止まらない思考だけど、それでも必死になって止めようとしてる。
でも、もう自分でも何がなんだかわかんなくなってショートしてきた。
手術直前なのに精神状態ぐらっぐらや。
せっかく一ヶ月かけてバイトも習い事も何もない状態にして
ゆったりゆったり精神状態を落ち着かせてきたのに、ホント台無しやな。

死にたくないのに死にたいってわけのわからない思考回路から逃れたい。
もう、いつになるかわからない出発の日まで眠らせて…
それが一番安全だよ…

11月29日12月2日Stage1-1&1-2に戻る


≪Menu≫

QRコード



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。