スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当事者へ…

18歳の俺が何言っちゃってんだって思うと思います。
なんで、思いっきり読み流してください。
読まなくても全然いいので!
だって、このHPは所詮自己満HPなんでねw←開き直りおった


心の性別に関して、迷いを生じることがあると思います。

本当に自分はこの性別で生きていけるのか。
生きていいのかって。
生んでくれた親に申し訳ないとか。
恋人と子どもができないという選択肢を選んでしまうことを、本当にしてしまっていいのか。
(そんなの一般の男女間でも起こりうることですが。不妊に関しては。
 でも最初から自分の子孫を残せないとわかっているのとでは、また違うと思うけど)

中性という立場を選択する人だっていると思います。
職場での立ち位置や、恋人との距離をどうすればいいのか。
中性という性を選んだって、色々な迷いが生じるかと思います。

でもそんなの人間当たり前のことであって。
自分たちはそれが性に関することであっただけのこと。

最終的にこの先、生きていくのは他の誰でもなく自分です。
誰でも最後は独りになります。
だから自分がどう生きたいか、それだけのことです。

自分が、どう生きていきたいか。

単純に、そこを突き詰めていけば、そのうち答えは出ると思います。
その答えを出したとき、それは棘の道かもしれません。
悔しいことばかり、理不尽なことばかりかもしれません。
上手くいくことばかりではないし、今まで以上にますます辛い思いをするかもしれません。
選択してしまった後に、また迷いを生じるかもしれません。
でも全部全部、それが人生なんやと俺は思います。

俺は男になるという選択を選びました。
否、正確には選んだわけではありません。
身体が間違ってただけ、神様がいたずらしただけなんです。
本当ならば男の身体で生まれてきたはずなのに…
何度も何度もそう思って悔しくなりました。
でも、そんなことずっと思ってたって現状は変わらなくて。
女の身体で生まれてきてしまったことは、今更変えられなくて。
だったら、治療するしかない。
それしか自分の中に選択はありませんでした。
治療に対する迷いはありませんでした。
早死にしたって、手術中に死んだって、構わない。
女の身体のまま死ぬ方が、自分は辛いと感じるからです。
だから必死になってお金貯めて治療治療って進んでいます。
そのための犠牲は結構大きいもので後悔ばっかしているけど
それでも、自分が自分でいたいためには
仕方がないって諦めざるをえないことがいっぱいあるんですよね…。

人によって様々な選択があると思います。
セクシャリティなんて人の数だけ存在する、個性のようなものだし。
それに性指向に関しても同じことを言えると俺は思います。

自分がどうしたいか。
それは自分本位になることも必要だし
自分本位になりすぎないことも必要です。
これってなかなか難しいんですよね。

だから俺は、自分が歩んできた道をこうやってHPとして残すことにしました。
少しでもわかってもらえたら。参考になれば。
迷ってばっかでも、死にたいって思うことが何度もあっても
俺はなんとか、まだ生きてますって。
そんなことを思いながら、このHPを運営していたりします。

…なんか、ホント白々しいな。笑
ま、でも正直そんなこと思ったりしてんですよ。
色んなことを迷って迷って自分で選択して、
色んな壁にぶち当たったり、色んなこと諦めたりしながらも
でもなんとか治療を進められることができて
18歳になるまで生きることができました。(ここまで生きれるなんてさらさら思ってなかった)
そんな自分からの、どーでもいい呟きでした。笑

2009年03月31日 暁斗


≪Menu≫

QRコード



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。